ITS / 情報セキュリティ

バックナンバー/2016年1月

日産・ルノー、10モデル以上に自動走行技術を搭載へ

(2016.01.08) eu-flag jp-flag

 

ルノー・日産アライアンスは、2020年までに日本、欧州、米国、中国における主力車種10モデル以上に自動走行技術を採用することを発表した。

 

まずは今年、高速道路上の単一レーンでの安全な自動運転を可能にする技術を投入し、2018年には複数レーンでの自動走行を可能にする。さらに2020年までに、交差点を含む一般道でドライバーが運転に介入しない自動運転技術を導入する予定。

 

また同時に新しいコネクティビティ・アプリケーションの搭載も開始する。年内には遠隔でクルマとのやり取りができるモバイル端末向けの新アプリを投入し、2017年にはスマートフォンと連動し無線で地図情報を更新することもできるナビゲーションシステム「アライアンス・マルチメディア・システム」を導入する。さらに、2018年には、新型の「バーチャル・パーソナル・アシスタント」機能をサポートする専用のコネクティビティ プラットフォームを個人および法人向けに投入する。

 

ソース: Nissan ‘ルノー・日産アライアンス、今後4年間で自動運転技術を10モデル以上に採用’

 

NVIDIA、自動走行車用コンピュータを発表

(2016.01.04) us-flag

 

NVIDIA は自動走行車用の車載コンピュータ NVIDIA DRIVE™ PX 2 を発表した。このコンピュータは、自動走行の複雑性への対応に人工知能を活用するもので、NVIDIAの先進的GPUを使ったディープラーニングにより、車周状況や正確な位置の認識、安全で快適なトラジェクトリ―の算出を可能にする。

 

ソース: NVIDIA ‘NVIDIA Boosts IQ of Self-Driving Cars with World’s First In-Car Artificial Intelligence Supercomputer’

ルネサスとTTTech、自動運転向けECUの開発プラットフォームで提携

(2016.01.06) eu-flag jp-flag

 

ルネサス エレクトロニクスは、オーストリアのTTTech Computertechnik AG と、自動運転向けECUの開発プラットフォームに関し協業を開始することを発表した。

 

今回協業を行う開発プラットフォームは、ルネサスの車載制御用マイコン「RH850/P1x」と車載情報システム向け高性能SoC「R-Car」に、TTTechのADAS向けソフトウェアプラットフォーム「TTIntegration」を統合したもの。TTIntegrationは複数のハードウェアで実現されているソフトウェアコンポーネントの統合を可能とするものであり、制御用マイコン、高性能SoCが搭載された新プラットフォームにおいて高い性能と安全性を実現しながらも将来の拡張も可能とする自動運転システムの開発が可能となる。ハードウェア単位で開発されたソフトウェアコンポーネントの統合も可能となるため、複数のベンダーによる並行開発も可能となる。

 

ソース: ルネサス ‘ルネサスとTTTechが高性能かつ機能安全を実現する自動運転向けECUの開発プラットフォームで協業開始’

VolvoとMicrosoft、車外から声で車をコントロールできるシステムを開発

(2016.01.05) eu-flag us-flag

 

昨年11月にコラボレーションを発表したVolvoとMicrosoftは、新たな共同での取り組みの一つとして、車外から声で車をコントロールするシステムを開発した。このシステムは、ユーザーがMicrosoft のウェアラブルデバイスであるMicrosoft Band 2を通じて、所有するVolvo車両に音声で指示を出すというもので、ナビの設定や暖房の始動、施錠、ライトのフラッシュ、クラクションを鳴らすなどの支持を出すことができる。この機能は春にも利用可能となる予定。

 

ソース: Volvo ‘The Future Is Now – Volvo Cars and Microsoft enable people to talk to their cars’

Mobileye、自動走行用の新マッピングテクノロジーを発表 VWとGMが最初のパートナーに

(2016.01.06) 

 

ADASや自動走行向けの画像処理ソフトなどを開発するイスラエルのMobileye社は、ラスベガスで開催中のCES2016にて、車からのリアルタイムデータを用いて自動走行の精度を向上するRoad Experience Management (REM)と呼ばれる新たなマッピングテクノロジーを発表した。この技術は、正確な位置情報取得のためのクラウドベースのリアルタイムデータや、 自動走行をサポートする高精度の車線データを利用可能にするものである。

 

Mobileyeとパートナー関係にあるゼネラル・モーターズは、このREMをOnStarサービスと組み合わせて活用することを目指す。またMobileyeは1月5日にフォルクスワーゲンとの了解覚書に調印し、REMのVW車両への統合に向けた戦略的パートナーシップを発表した。

 

ソース: Mobileye ‘Mobileye To Offer User-Generated Mapping For Autonomous Driving’

新メルセデスEクラス、標準装備のままネバダで自動走行テストが可能に

(2016.01.06) us-flag eu-flag

 

新型メルセデスEクラスは、アメリカ・ネバダ州で、標準装備のまま自動走行のテストを実施する許可が与えられた。標準装備のままで自動走行テストが認められたケースはこれが世界で初めて。

 

これまで自動走行車のテストを実施するためには、テスト車両に追加のセンサーや、ハンドルの改造、ESPの調整など、特別なハードウェアやソフトウェアを装備・改変する必要があった。しかし新型Eクラスは、標準生産の段階ですでに十分なインテリジェントテクノロジーを備えており、DRIVE PILOT コントロールユニットのソフトウェアに僅かな変更を加えるだけで、テスト車両として利用可能となる。

 

ソース: Daimler ‘Self-driving across the highways of Nevada: New Mercedes-Benz E-Class with test licence for autonomous driving’

HERE、高精度ライブマップを公開

(2016.01.05) eu-flag

 

HEREは商用に利用可能なクラウドベースの高精度マップをリリースした。この地図は車線レベル情報や、工事情報、交通情報などさまざまなデータを含み、またセンサーデータなどと組み合わせてリアルタイムにアップデートされる。ADASや自動走行技術の開発を助長すると期待される。

 

ソース: HERE ‘HERE unveils HD Live Map, creates commercial path to highly automated driving’

Tomtom、カリフォルニアとミシガンで高度自動走行マップをリリース

(2016.01.06) us-flag

 

Tomtom はカリフォルニアとミシガンのすべての州間高速道路をカバーする高度自動走行(HAD)マップをリリースした。同社のHADマップは高精度の3Dデータを提供し、ローカライゼーションソリューションのTomTom RoadDNAや車載センサーのデータと組み合わせることで、高速での走行中にも正確な位置情報を知ることが可能となる。

 

同社は4か月前にドイツの高速道路をカバーしたHADマップをリリースしていた。

 

ソース: Tomtom ‘TomTom delivers highly automated driving maps for all interstate roads in California & Michigan’

トヨタ、車載通信機の搭載を拡大

(2016.01.04) jp-flag

 

トヨタは、自動車のコネクティビティを高める取り組みの一環として、アメリカで、2017年以降のモデル切り替えから、車載通信機(DCM)の搭載率を高めることを発表した。その後順次、アメリカ以外の地域にも対象地域を拡大していくとともに、2019年までにDCMの仕様をグローバルで共通化し、順次切り替えていくという。さらにDCM機搭載車両には、事故発生時のエアバッグ展開と連動した緊急通報システムを標準設定する。

 

またUIEvolution, Inc.と業務提携し、車載システムに実装する標準ミドルウェアの共同開発を行うことも発表された。

 

ソース: Toyota ‘トヨタ、「つながる」技術に関する取り組みを加速’

GM、自動走行車を使ったオンデマンドサービスへ向け、ライドシェア企業と提携 

(2016.01.04) us-flag

 

ゼネラルモーターズ社は、ライドシェアサービスを提供する米Lyft社との長期戦略的な提携を発表した。またGMからLyft社に5億ドルが出資される。両社は今後、オンデマンドの自動走行車ネットワークの構築を目指し協力を深めていく。

 

ソース: GM ‘GM and Lyft to Shape the Future of Mobility’