ITS / 情報セキュリティ

カテゴリー/道路・ドライバ行動

アルコール検出システム研究を支援する法案

(2015.7.25) us-flag
米上院議員のTom Udall 氏は、飲酒運転による事故を防止するため、NHTSAによる車載アルコール検出システムの共同研究を支援する法案を提出した。ハイウェイ信用基金から、2016-17年に6百万ドル、2018-19年に8百万ドル、2020-2021年に10百万ドルの支援を求めている。
参考: govtrack.uk ‘Text of the Research of Alcohol Detection Systems for Stopping Alcohol-Related Fatalities Everywhere Act of 2015′

Nokia HERE、交通分析の新サービスを提供開始

(2015.7.23) eu-flag
Nokia HEREは、交通ビッグデータを使って道路ネットワークの構築・管理をサポートする交通分析サービス HERE Traffic Analytics の提供を開始した。特定の時間・場所における交通の流れに関する情報に容易にアクセスし、道路ネットワークのパフォーマンスを分析することができる。
ソース:HERE 360 ‘Introducing Traffic Analytics for agencies and commerce’

Nokia HERE、自動走行用HD地図データを作成

(2015.7.20) eu-flag
Nokia HEREは自動走行の実験用として、自動車メーカーに対し、アメリカ、フランス、ドイツの特定の範囲の道路のHD地図データの提供を開始した。今年末には日本への提供も予定している。
ソース:HERE ‘HERE makes HD map data in US, France, Germany and Japan available for automated vehicle tests’
参考:HERE 360 ‘HERE introduces HD maps for highly automated vehicle testing’

EU加盟国、交通部門への131億ユーロの投資プランを支持

(2015.7.16) eu-flag
EUの全28加盟国の代表者によるConnecting Europe Facility (CEF)コーディネーション委員会は、7月16日のミーティングで、CFEの枠組みで資金提供を受ける交通部門プロジェクトのリスト(6月29日に欧州委員会が提出)を承認した。
2014年に開始した今回のCFEの公募では700以上のプロジェクトが提出され、要請された資金の総額は360億ユーロを超えた。提供可能な資金額は131億ユーロであり、欧州委員会は欧州規模での付加価値の高いと思われるプロジェクトを優先的に選定した。
欧州委員会は7月末までのに資金提供を正式に決定し、個々のプロジェクトの贈与契約書の準備および調印が行われる。2015年第4四半期には資金の提供が開始される予定。
CEFおよび査定されたプロジェクトに関する情報を記載したパンフレットも発表された。
ソース:TRIP ‘Commission’s record ?13.1 billion investment plan for transport endorsed by Member States’
参考:CEFパンフレット

デンマーク、GPSを使った交通状況の監視を開始

(2015.7.2) eu-flag
デンマークは世界で初めて、GPSのプローブデータを使い交通・渋滞状況を全国レベルでモニタリングするシステムを開始した。システムのプロバイダーとして、ビッグデータテクノロジーを取り扱うINRIX社が選出された。このシステムにより、当局はデンマーク中の道路における交通の流れや渋滞状況を効率的に監視することができるようになる。
ソース:INRIX ‘DENMARK BECOMES WORLD’S FIRST COUNTRY TO USE REAL-TIME TRAFFIC DATA ACROSS AN ENTIRE ROAD NETWORK’

運転手の注意度と車両のデータを複合的に測定する独SMIのドライバーマシンパッケージ

(2015.7.10) eu-flag
アイトラッキングシステムを開発する独SensoMOtoric Instruments (SMI) は、スロベニアのDEWESoftとともに、運転手の注意度と車両のパフォーマンスデータを複合的に測定・分析するシステムパッケージを、ADASの開発ツールとして提供している。
参考:SMI ‘Driver Machine Monitoring and Analysis’

ジャガーランドローバー、ドライバー監視テクノロジーの研究プロジェクトを発表

(2015.6.17) eu-flag
ジャガーランドローバー6月17日、道路安全テクノロジーの研究プロジェクトを発表した。研究の主要な取り組み一つは、運転手が周囲を警戒し運転に集中しているかをモニタリングできる脳波計測技術の開発である。
ソース:Jaguar ‘Jaguar Land Rover Road Safety Research Includes Brain Wave Monitoring To Improve Driver Concentration And Reduce Accidents’

欧州委員会、スマート路上駐車管理システムプロジェクトを支援

(2015.7.3) eu-flag
欧州委員会はスペインのSMEである Worldsensing社 の路上駐車管理システムプロジェクト FASTPRK-2 にHORIZON2020の枠組みで?50,000の支援を行うことを決定した。期限は2015年7月1日から2016年1月1日まで。総予算は?71,429。
ソース:Horizon2020 Projects ‘Commission funding Worldsensing’s ‘FASTPRK-2’ project’