(2016.08.18) us-flag

 

Uberは18日、自動走行トラック技術を開発するスタートアップ Otto を買収したことを発表した。Otto は Google、Apple、Tesla の元社員らが立ち上げた企業で、従来のトラックを自動走行化するセンサーやソフトウェアを開発を行っている。

 

今回の買収により、Ottoの共同創始者であるAnthony Levandowski氏が今後、Uberがサンフランシスコ、パロアルト、ピッツバーグで進めている自動走行開発の取り組みの指揮を取る。Levandowski氏はかつてGoogleに所属し、Google最初の自動走行車を開発した人物。

 

ソース: Uber ‘Rethinking transportation’