(2016.5.18) eu-flag

 

ホンダが北米で展開する高級車ブランドAcuraは、第2世代の自動走行開発車両をカリフォルニアで公開した。RLXセダンをベースに、レーダーやLidar、カメラ、GPSセンサーなどが取り付けられ、インテリジェントなソフトウェアアルゴリズムによって複雑なテストシナリオをサポートする。

 

この開発車両は信頼性の高いセンサーフュージョンを可能にするよう設計されており、それぞれのシグナルからの情報を高い正確性を持って検証することができる。車両のテストは、ホンダリサーチインスティテュートUSAによって、サンフランシスコ・ベイエリアにある実験場 GoMentum Stationt にて実施される。

 

ソース: Acura ‘Second Generation Automated Acura RLX Development Vehicle Revealed in California’