(2015.8.24) eu-flag
HEREは自動車メーカーやシステムベンダー、サプライヤーなど16の企業とベルリンで会合を行い、車載センサーから取得したデータをクラウドに送る際の標準フォーマットの策定に向けて協議を行ったことを発表した。またデータコンテンツ、セキュリティ、匿名化、伝達の正確性や効率など、さまざまな技術面での問題についても話し合ったという。
プロダクトマネジメントの責任者であるDietmar Rabel氏は、「路上の様々な車両間でのリアルタイムなセンサーデータの伝達を可能にするためには、産業全体での深いコラボレーションが必要だ」と述べている。
会合に参加したContinental のRonald Hain氏は、同社はこの標準化に向けた業界全体での取り組みに積極的に参加していくことを明らかにし、同社の進めるeHorizon プロジェクトにとっても重要な動きであると語っている。
HEREは今後、この標準化に取り組むワーキンググループの設立へ向け、国内外の企業と協議を進めるという。
ソース:HERE ‘HERE convenes industry forum to discuss vehicle sensor data transmission specifications’