教育支援システム

オンライン教育の集中力測定と
オンライン試験での試験監督

Sension社のFace Tracker技術、集中度測定技術は、米国の大手教育システムサプライヤの、オンライン教育システムや、オンライン試験での試験監督補助システムに採用されています。

オンライン教育システムやオンライン試験システムを提供されるシステムベンダー様は、Sension社の技術を利用する事で、効果の測定や作業の効率化が可能となります。

オンライン教育現場でのSension技術の活用例

オンライン教育現場に、Sensionの技術を導入する事により、受講者の集中度を定量化する事が出来、
様々なメリットが得られます。

社内管理者又は教育会社向け集中度レポート

メリット 例1

受講者全体の集中度が時間毎に確認できるので、コンテンツ内容の改良に使用可能。(管理者や教育会社側は、集中度が低くなっている原因の特定と、その対策を行う事で、受講者へのよりよいコンテンツ提供が可能となる)

受講者向け集中度レポート

メリット 例2

  • 教材の分野ごとの集中度データが蓄積されているので、受講者は自分の集中度の傾向を把握し、弱点分野を知る事が可能。
  • カリキュラム全体の平均値と比較するなどが出来、学習法の改善等、自己管理を行う事が可能。

オンライン試験現場でのSension技術の活用例

オンライン試験現場での活用例(試験監督補助)

オンライン試験現場での活用例(試験監督補助)
  • PCやインターネット等インフラ環境の高性能化が進み、国土の広い米国などではオンラインでの資格試験が実施されるようになりました。
  • 遠隔地での公正なオンライン試験の実施には、試験監督によるオンライン監視が必要となります。オンライン監視は受験者の前にあるカメラからの画像を試験監督が注視することで行われています。
  • 一人の試験監督が監視できる受験者の数には限りがあり、オンライン監視の為の専門の試験監督者を大量に確保しなければなりません。
  • Webカメラを通して受験者の受験状況(集中度)をリアルタイムに監視し、試験監督者に報告するSensionの技術を導入する事で、公正かつ効率的な試験の管理運営が可能となります。